アーカイブ

 


全国畜産農業協同組合連合会
代表理事会長 加藤義康

 

全畜連は、昭和23年の創立以来、畜産専門農業協同組合の全国組織として、会員組織との連携を図りつつ、飼料をはじめ各種生産資材の供給、優秀な肉牛生産拠点作りのための肥育素牛の貸付け、会員・組合員の生産した肉畜の共販出荷、研修牧場の運営、各種情報の提供など、畜産農家経営の安定・向上、ひいては、わが国畜産の振興に貢献するため各種の事業を行ってきました。

また、豊かな食生活を維持し、国民の健康を増進するためには、わが国が世界に誇る和牛をはじめとする国産畜産物の安定的な生産と供給が不可欠であります。

消費者の皆様に「安心」、「安全」、そして「おいしい」食肉をお届けするために、全畜連は、まごころをもって会員、生産者と連携し、組織をあげて取り組んで参ります。